春を彩る白馬村の花

雪解けとともに一気に色ずく白馬村の春。春のおとづれとともに色めく福寿草や水芭蕉、かたくり、こぶしや桜は新しい季節の始まりを訪れる人々に優しく教えてくれます。

姫川源流自然探勝園

白馬村・小谷村を流れ、日本海に注ぐ姫川。その源である「姫川源流」「親海湿原」一帯は、春の雪解けとともに福寿草やバイカモ、ミツガシワなどの花にうめ尽くされます。春の訪れを感じさせてくれ、ゆったりトレッキングもお楽しみいただけます。 ●主な花の見頃: 福寿草(4月上~中旬)、ミズバショウ(4月中~下旬)、バイカモ(6月中~9月中旬)、ニリンソウ(4月下~5月中旬)

場所はこちら

開花情報 4/17

フクジュソウの開花が始まっています。

姫川源流 姫川源流

白馬さのさか観光協会 TEL.0261-75-2811

落倉自然園

白馬村の最北部に位置する落倉高原は各所に湿地帯が発達し、雪解けと同時に咲くミズバショウやザゼンソウ、リュウキンカなど可憐な植物が楽しめます。 ●主な花の見頃:ザゼンソウ(4月中~下旬)、ミズバショウ(4月中~下旬)、リュウキンカ(5月上~中旬)

場所はこちら

開花情報 4/17

水芭蕉の開花が始まっています。園内ではキクザキイチゲや座禅草も楽しめます。また、1つの花茎に白い花びらのような苞が2枚ついたオチクラミズバショウがいくつか見られます。4月14日から26日まで落倉水芭蕉祭り開催中。

落倉自然園 落倉自然園

白馬村観光局 TEL.0261-72-7100

伝行山の徹然桜

白馬村新田地区にある伝行山の麓に咲き誇る枝垂桜は植樹者の名前から由来し別名「徹然桜」とも呼ばれています。伝行山には秋葉神社と稲荷神社があり、満開の桜との風景は多くの写真家や画家を引き付けてやみません。周辺には新田旅館街の桜並木もあります。●主な花の見頃:4月下旬~

場所はこちら

開花情報 4/17

蕾はまだ小さいです。

徹然桜 徹然桜

白馬村観光局 TEL.0261-72-7100

野平の一本桜

白馬村の野平地区にある一本桜。北アルプスとは反対側の東山の高台にあるため、白馬村を見下ろす景色の中で北アルプスを背景に咲き誇る姿が人気。エリアの中では比較的遅い時期に開花するのも特徴で、多くの写真家に人気がある。●花の見頃:4月下旬~

場所はこちら

開花情報 4/17

蕾はまだ小さいです。

野平 野平

白馬村観光局 TEL.0261-72-7100

四十九院のこぶし

桜よりひと足早く春の訪れを告げるこぶしの花。 白馬村内には田んぼの脇や山麓などあちこちでその白い花をみかけます。 中でも四十九院(しじゅうくいん)のこぶしは、水をはった田んぼの脇にひときわりっぱなこぶしが2本並んで立っていて、その水に映った姿も美しい、春の人気の撮影スポットとなっています。 ●主な花の見頃:こぶし(4月下~5月初旬)

場所はこちら

開花情報 4/19

こぶしの花は数輪咲き始めています。暖かい日が続けば一気に開花が始まりそうです。

四十九院

白馬村観光局 TEL.0261-72-7100

貞麟寺

「エドヒガン」の枝変わり種で、樹齢は300年以上を数えます。境内にはしだれ桜の他にもオオヤマザクラやエドヒガンザクラなどの見ごたえのある桜が咲きます。また、境内脇の草地はカタクリの群生地としても有名です。 ●主な花の見頃:しだれ桜(4月下~5月初旬)、カタクリ(4月下~5月初旬)

場所はこちら

 

 

 

 

白馬村観光局 TEL.0261-72-7100

五竜かたくり苑

五竜岳に武田菱の雪形がくっきりと現れる頃、白馬五竜スキー場の麓に白馬村の村花でもある可憐なカタクリの花が咲き誇ります。花々のまわりには、時折かわいらしい蝶も現れ、見る者の目を和ませてくれます。●主な花の見頃:カタクリ(4月下~5月上旬)

場所はこちら

白馬五竜観光協会 TEL.0261-75-3131

大出公園

大出の吊り橋と茅葺き屋根の家、そして白馬三山が懐かしい田舎風景をを作り出しています。春になると公園内にある桜並木がピンクに色づき、田舎風景を鮮やかに染め、来春の喜びを存分に味わえる風景を作り出します。●主な花の見頃:4月下旬~

場所はこちら

白馬村観光局 TEL.0261-72-7100

長谷寺の枝垂桜

白馬村飯森地区にある長谷寺は塩の道の名刹として知られ、境内にある枝垂桜が満開になる頃には、多くの写真家が風になびき咲き誇る姿を求め来村する。また、境内には白馬村指定の天然記念物でもあり、樹齢500年を超えた老杉群があり、歴史の風格を漂わせています。 ●主な花の見頃:4月下旬~ 

場所はこちら


白馬村観光局 TEL.0261-72-7100

八方地区薬師堂の江戸彼岸桜

樹齢約300年の江戸彼岸桜。八方地区薬師堂の横に咲き誇る勇壮な桜の樹で本種は北安曇地方南部一帯の山野に自生分布する野生の桜の一種です。比較的開花期が早いので人々の心をとらえ、明治以前には日本の桜の主流でした。ソメンヨシノが主流の現在で八方薬師堂の江戸彼岸桜は十分な貫禄を見せています。●花の見頃:4月下旬~

場所はこちら

白馬村観光局 TEL.0261-72-7100

Top